置き餌1時間と決めてましたが、そうするとほとんど食べてくれません。
夫婦で長時間外出する際に、1日分てんこ盛りで置いておいたら、
帰宅時きれいに食べきってました。
今のご飯に飽きたのかもと思ってたらそういうわけでもないようで。
それで、置き餌の時間は決めず、定時(朝・晩7時)になったら残った分は捨てて、
新たにご飯をあげてみることにしました。
1時間で食べきることもあるし、半日経ってもまだ残ってることもあるし。
悩みます。


ぷよぷよはっちゃん。
破れ襖とハチ

ジンジャーの黒い肉球。
ジンジャーの肉球

スポンサーサイト
2015.08.06 Thu l 食事の管理について l コメント (0) l top
タイトルの件ですが、1時間だけ置き餌にすることにしました。
長年の悪癖で、いきなり5分も経たないうちにお皿を下げるのは二匹も戸惑うだろうからです。
少しずつ置き餌の時間を減らしていこうと思います。
今のところ、一日の目安量まで食べてくれません。
お皿を置いてから30分以内に数回に分けて少しだけ食べてます。
ジンジャーはあまりにも食べないので心配です。
起きてるときの様子は以前と変わりないので、当分1時間だけ置き餌ということでいきます。



放置してた防災袋をチェックしたら、賞味期限切れのものがありました。
また買いなおさなくては。
キャットフードの試供品は期限が短いので毎年交換が必要です。
古かった物


眠くてまぶたが閉じそうで、でもなかなか閉じない「ぶ顔」のハチ。
眠いハチ


仲良くぬくぬく。暑くないのか~い。
猫団子


気持ちよさそうにしてるジンジャー。
撫でられるジンジャー


ジンジャー→ハチの順。
薬を飲もうと水(水道水)を用意したら、先に飲まれてしまいました。


2015.07.09 Thu l 食事の管理について l コメント (0) l top
ジンジャーのタオル巻き。
タオル巻き


踊ってるような姿勢で寝るハチ。
踊るハチ


今までは空の器を見つけては、だいたいの量を一皿に盛ってました。
すぐ食べなくても好きな時に好きな量。
でもやっぱりそれではダメらしいです。
いくら良いフードを選んであげてても、酸化していれば体に毒。
そういう訳で3キロの猫だから一日45g、朝7時晩7時にだいたい23gずつ
与えることにしました。
初日の今朝はハチは嗅ぐだけで一口も食べず(空腹じゃないようで)、
ジンジャーは8gだけ食べました。
毎日記録していこうと思います。

食べ残したフードを惜しむ気持ちがあったことに反省。
楽、しようとしてました。
シニアになる日がいつか来るんだから、
若いうちに後悔がないようにしたい。
まめじゃない性格なんですが、あるたんにも協力してもらって
二匹のためになることをしたい。
頑張れわたし(←意志が弱い)。
ちなみに感化された本は鈴木真さん著の『猫医者に訊け!』です。
勉強になります。(リンクを貼りたかったけどやり方がわかりませんでした。ぺこり)


絨毯の上を爪で移動するハチ。



これまたハチ。
ひたすら撫でられてます。


2015.07.05 Sun l 食事の管理について l コメント (0) l top